大場商会/樹脂版平板加工、アクリル板平板加工、プラスチック平板加工、プラスチック平板加工ならお任せください!

会社沿革

昭和40年4月 東京都江戸川区鹿骨1-98(現在の地)にて、貸倉庫業を開始する。
昭和42年7月 東京都江戸川区鹿骨1-6-1にて、株式会社大場商会設立。
その主たる事業は、樹脂板(主にアクリル板)保管業、および、運送業となる。
昭和45年5月 事業範囲の拡大を目指し、また、主要取引先の要請により、
樹脂板(主にアクリル板)の寸法カット事業を開始する。
昭和49年9月 業容拡大に伴い、東京都江戸川区鹿骨1-34-6の地に第一倉庫を開設。
以後、 同地に第五倉庫までを開設。
昭和53年 樹脂板カット事業の好調により、新たにランニングソー1台、
パネルソー2台を設備。同1台・同4台での操業となる。
昭和56年8月 4000mクラスランニングソー1台を設備。
昭和57年9月 業容拡大に伴い、千葉県成田市に、成田第一倉庫・第二倉庫を開設。
平成7年7月 倉庫業の縮小、カット事業の拡大による業態の変化により、本社工場、
倉庫を東京都江戸川区鹿骨1-34-6の地に集約。事業の効率化を図る。
平成15年9月 高難易度の板加工の受注増に対応するため、2000×4000の
有効切削面積を備えたNCルータを設備。
平成17年7月 少ロット対応のため、1600×3200ATC付きNCルータを設備。
平成22年6月 より大きくなる加工品寸法に対応するため、5メートルを切断可能な
ランニングソーを設備。

会社沿革

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 03-3670-0378 平日 9:00~17:00

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
お問い合わせ
こんな会社です!
こんな加工しました!
スタッフ紹介
プラスチックの特長と用途
PAGETOP
Copyright © 株式会社大場商会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & P-webⅡ Theme by Pleasure-inc . technology